薬に頼らない

健康

今日、お役連れのお客様が来店してくれました。中学生くらいの娘様でクセが気になり、ストレートパーマをしてほしいということここまではよくある話。

 

精神的なことで髪が…

utsu_girl.png

*2

1つに括っていて、ゴムをのけるときに、お母さまがお伝えしてくれたのですが、自分で毛を抜いてしまうらしく一部分だけ抜けてしまっていました。

 

髪を被せてその部分を隠していました。難しい年ごろなのか、このお客様以外でもよく目にする症状でなにか精神的な事が 原因ではないかと思います。話を聞いていると、おそらく髪がくせ毛なのが気になり、抜いたのではないかと思われます。

 

前髪を作る事を提案し、お客様自身も前髪を作る予定でいたこともあり、印象も変わり、気分転換になり、くせ毛が気になるのが紛れて、髪の毛を抜く行為も 減らせれるかもしれませんね。その上ストレートパーマをしたので抜く行為がなくなれば幸いです。

 

精神的な事は、薬では頼らない

medicine_bin.png

そのお客様も髪をした後に病院(精神科)に行くようでしたが、病院は最終手段です。病院は手術、薬で治そうとします。それは、西洋医学の考えで動いているからです。

 

薬に手を出す前に、ます自分の自然治癒力で治そうと試みて、無理なら薬を頼る(なるべく控えたいですが)それは薬には副作用があるからです。薬は科学的に、人工的に作られているため、内臓に大きい負担がかかり、副作用として色々な 所に悪影響がでます。

 

治そうとする所には確かに、ピンポイントで良くなります。先ほどのお客様は精神科にいくと言ってましたが、薬で精神をコントロールするのは今の化学では無理です。薬で精神を抑えるということですから、根本的な解決にはなっていません。

 

場つなぎで薬を使うのならまだしも、精神を薬で抑えるということは脳を麻痺させているのと同じことですからね。命にかかわるものや、後に残るようなものではない限り、薬は最終手段にとっておきましょう。

 

あと脱毛に効果があるのは、代謝を上げると治りが早いです。育毛剤のCMでも 「血行促進」って言ってるでしょう?頭に血が行きわたれば脱毛は解決するわけです。結局一番言いたい事をまとめると、原因を絶てば、治りがはやいということですね。 なにごともそうですが。

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそより

*2: かわいいフリー素材集いらすとや より

*3:かわいいフリー素材いらすとやより

コメント