静電気体質

健康

よくお客様でも聞くことがあるのですが、「体質で静電気でパチッとなるのよ」と耳にすることがあります。

 

疑問に思ったのですが、体質で静電気が溜まるのはなぜだろうと足らない頭で思いました。なので以前に電磁波の内容の記事(電磁波って何!?オカルトの世界みたいやん!)でも触れたので少し調べてみました。

 

僕もちょっと調べて、納得した内容を書いているので、間違った内容でしたらご指摘ください。

 

静電気体質はなぜ起こるのか

seidenki.png

そもそもなぜ静電気が起こるのか、から説明していこうと思います。そこから説明するのかよ、と思うでしょうがわかりやすいと思うので。

 

そもそも地球上の物質にはだいたい電気を帯びています。電気にはみなさんもご存知でしょうが、が存在します。普通は両方とも持っているのですが、、-の電気は安定度が低いため 剥がれ落ちやすく、+の電気が残ってしまいます。

 

この状態を 「帯電状態」 といいます。ドアノブなどの金属は-の電気を持っています。そのドアノブなどに、帯電状態で触ろうとすると、+と-が引き合ってバチッとなるというわけです。

 

静電気解説.jpeg

帯電状態になりやすい人は体が放電しにくい体質になってしまっているため、金属のような 放電しやすいところで、よくバチッとなってしまいます。

 

帯電体質になる原因は?

body_nouha.png

1番皆さんが気になるところでしょうか、僕がちょっと調べて思ったのですが、体質というよりは環境でそういう体になっているのではないでしょうか?

 

血液ドロドロ

まずは、生活の乱れから起こる血液がドロドロ状態が原因。血液がドロドロだと、マイナスイオンが不足しているとなるそうで、+の電気が帯びているので、帯電体質の原因の一つです。

生活の乱れと聞くと思い当たる節がある人は多いでしょうね。血液がドロドロだと、肩こり冷え性などになりやすく、自分でチェックしやすいと思います。

 

寝だめする人、多く睡眠をとる人

睡眠は寝汗や呼吸などで 水分を奪われることから、体の中が乾燥しやすくなります。乾燥は電気を帯電しやすくなります。もちろん枕などに髪をこすることの摩擦で、静電気を発生しやすくするため、帯電の原因は多く睡眠をとる方には多そうと思われます。

静電気が発生しやすい環境

周りの環境にも多くあります。
湿度20%以下・気温25度以下
この環境は電気が好む環境なので、電気が体に帯電しやすい環境であると思います。帯電しやすい環境を、加湿器を使うなどして避けましょう。

帯電体質の改善方法

denkyuu_on.png

帯電体質になるのは、血液ドロドロなど体が不健康の状態でなりやすいので、不健康の状態とは体が酸性になっている状態です。たまに耳にするように、体が酸化されると疲れたり、老化が始まります。(疲労に関しての本を読んだ参照)

 

酸化を食い止めるには

酸性になっている体を戻すには、アルカリ性の物を食べたり、ミネラルの入っている物を食べたりするといいです。今流行の水素もいいかもしれませんね。僕が1番手軽なのは、ミネラルウオーターはいいかもしれませんね。

 

コンビニでも売ってますし、ただ添加物が入っている可能性も あるので、見極めて買いましょう。静電気を体にためるのは、電磁波をためている状態です。電磁波は体に良くないという研究もあるそうです。

 

なので静電気(電磁波)をためない体作りをすれば、静電気体質(帯電体質)を改善でき、健康な体になります。当店でもおすすめの水素のサプリ、施術、ミネラルの販売もしてますので、お気軽にお電話してください。

*2:かわいいフリー素材集いらすとや より

*3:かわいいフリー素材いらすとやより

*4:かわいいフリー素材いらすとやより

コメント