自分が欲しい食べ物は何なのか

健康

以前ダイエットの事を書きました(プロテインダイエット)。ダイエットというよりは、体に必要な栄養を摂るということは健康にもつながり、血にも影響があり、血は髪の栄養なので当店には欠かせないものです。

 

前回は栄養素の事を書きましたが、さらに掘り下げてみようと思います。

 

無性に○○がほしくなるとき

kuishinbou.png

僕もあるのですが、急に甘い物がほしくなったり、塩っ辛い物が食べたくなったりします。今までは欲望の赴くままに、すぐ目の前にある食べ物に手が出てました。でもこれは体からのサインというのにみなさんは お気づきでしょうか?

image1 (1).JPG

以前も載せた僕が勉強の時に見る東洋医学の本の一部なのですが、これを見ても僕の場合でも…、

  • 土である脾…胃が病気(弱っている)ときに甘い物を好む。
  • 水である腎…膀胱が病気(弱っている)ときに塩からい物を好む。

と書いてあります。昔からある東洋医学でもこんなことが書いてるので、意味があるのでしょう。これだけでは以前と同じなのでこれをもっと掘り下げてみます。

 

具体的に何が欲しいのか自分に聞いてみる

mimi_sumasu_man.png

こんなこと意識したことは ないでしょうが、これが大切です。Twitterにこんなものがありましたので拝借させていただきます。

  • チョコレートがほしいと思ったらマグネシウム
  • 塩辛いポテトチップスならカリウム
  • コーヒーなら 鉄分
など色々出てきます。具体的に何が欲しいかわかると、何が足りていないかわかります。僕自身そこまで知らなっかたのが、少し調べるだけでわかるようになりました。今は便利なスマホなどで、一発でわかりますよね。

以前読んだ若杉おばあちゃんの本で別のシリーズを読んだのですが、以下の内容が書かれていました。

肉を食べると甘いものがほしくなる

人間のからだというのはよくできたもので、食べている本人が食べ物の陰陽について知らなくても、からだに取り入れる食べ物の陰陽のバランスを、無意識のうちに調整しようとします。

(中略)

肉を食べるとカロリー過多になり、体温がいきなりガーッと上がってしまうので、体温を下げる作用のある生野菜や果物スイーツといった食べ物がほしくなるわけです。

若杉友子 これを食べれば医者はいらない より

原因もそれなりにあるようですね。肉を食べることで、甘いものもほしくなる…。何かよく聞く話ですね。結局これらを無視をして、欲求のままに食べると栄養が偏り、身体のバランスを崩すことになります。

 

以前もかいたように、今の時代は低たんぱく質、高脂質なものが多いです。自然に脂質ばかりを 食べることで肥満になったり、病気になったりすることが多いようです。今自分は何を食べているのかを意識するだけで健康的になり、ダイエットもできるでしょう。

 

でも例外はあります。大豆たんぱくを摂るのが難しい体質とお医者様に言われたことで吸収率の良いサプリメントを薦められて飲んでいたら、体調が良くなったお客様がいました。いくら意識しても、改善できない場合は誰かに相談しましょう。

 

当店でも相談はできますので、お医者様ほどは話ができないにしても、何か力にはなれると思いますので気軽にお電話ください。

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

*2:かわいいフリー素材いらすとやより

*3:かわいいフリー素材いらすとやより