栄養不足で肥満!?

健康

最近当店ではダイエットブームで、お客様が毎日足を運んでます。

それはマイクロカレントと言われる機械で低周波治療器です。(膝関節症の告知に出てきた機械です)電気の力で自律神経を整えつつ、代謝をあげて体の中から筋肉運動をし、痩せるものです。実際やせてる人続出で、僕自身もびっくりしています。

 

なのでダイエットに興味ある方は、一度連絡くださいね。でも全員が全員やせていないので、なぜだろうと色々調べていたので、まとめついでに記事にしようと思って載せておきます。以前書いたプロテインダイエットにも関係してきて面白いです。

プロテインダイエット
前回せっかくダイエットの話が出たので、ダイエットについて調べてみました。

 

現代人は栄養不足!?

syokuji_woman.png

ちょっと前に本が届いてたのを、空き時間で読んで勉強していました。この本はダイエットとは関係なかったのですが、関係しているところが多く出てきましたので、参考にさせていただきました。現代人の食事はカロリーが多いです。

 

しかし、必要な栄養が足りていないです。それを現代型栄養失調と言われています。ふっくらとしているのに体調が悪い人は、これに当てはまると思います。以前書いた必要な栄養素が以下のもの。

  • 炭水化物
  • たんぱく
  • 脂質
  • ミネラル
  • ビタミン

厚生労働省・栄養調査報告グラフ.png

※左側はたんぱく質・脂質、右側は炭水化物です。炭水化物の数値が多く、見にくくなると思い分けました。

上の表は厚生労働省に載っていた、表をエクセルでグラフ化した物ですが、「炭水化物」、「たんぱく質」が減り続けていました。炭水化物は、糖質が入っています。

糖質というのは、先ほども説明した通り、炭水化物から食物繊維を取り除いたものです。つまり、水分やアルコール、脂質、タンパク質、食物繊維、ミネラルに分類されないもの全てです。

 

一方糖類は、単糖類と二糖類を総称したものです。単糖類にはブドウ糖や果糖などが、二糖類は砂糖や麦芽糖、乳糖などが含まれます。

糖質は、炭水化物以外にも甘いものにも入っています。なので、普通に食事をした後に、おやつ(甘い)を食べると、2重に糖質をとってしまいます。糖質を摂りすぎると、たんぱく質や脂質など必要なものを、糖化 させてしまいます。

 

糖化とは、体内でタンパク質と余分な糖が結合して、AGEs(エージーイー)という老化物質ができる反応のことだ。このAGEsという老化物質は糖化生成物と言われており、など全身の老化を促進させる厄介なものだ。(タンパク質が劣化することから”劣化タンパク質”と呼ばれることもある)

糖化させてしまうとその栄養の働きを、正常に働かなくしてしまいます。なのでせっかく栄養を摂っても正常でないため、体に残ってしまいます。なので一般的に言う脂肪となるのです。

 

それを指摘してかわからないですが、炭水化物ダイエットといわれるようになって、上のグラフでは摂る人が少なくなっているのでしょうか?何事もバランスが大切です。

 

特に大事な「たんぱく質」

food_eiyou3_tanpakushitsu.png

現在の食事は低タンパク質、高脂質なものが多いようです。なのでたんぱく質が減り続けて、脂質は横ばいなのでしょうか?たんぱく質は体には必須です。

私たちはじっとしているときでも、エネルギーを消費しています。これを基礎代謝といいます。基礎代謝とは、呼吸をしたり、体温を保ったり、心臓を動かしたりする、生きているために最低限必要なエネルギーです。

 

老化現象のひとつに筋肉量の低下がありますが、筋肉量が低下すると、この基礎代謝が下がります。

↑の文でも筋肉が低下することによって代謝が落ちると書いてあります。代謝が落ちると、脂肪は燃焼されにくいし、つきやすくもなります。筋肉を落ちないようにしないといけませんね。筋肉の材料はたんぱく質 です。

 

この事からわかるように本来であれば、年齢とともにたんぱく質を多く摂るということをした方が理にかなっています。筋肉の材料となるたんぱく質 を摂ることで、筋肉の衰える確率を少しでも減らす努力をしたほうがいいです。

 

と僕はこの本を読んで思いました。もちろん運動ありきで言ってますがね。運動が面倒な方は最初言ったマイクロカレントをおススメします。寝ているだけでいいですからね。これは僕の本や他の情報を読んでの 1つの意見なので、その人に合ったやり方があると思います。

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ

*2:かわいいフリー素材いらすとやより

*3:国民健康・栄養調査(厚生省/厚生労働省)を加工して作成

*4:かわいいフリー素材いらすとやより