足が太いのはむくみ?栄養不足?

健康

以前のダイエットの話 で、出てきたむくみですが、この回では冷えなどでむくむと書きました。今読んでいる本に、また新たな原因が出てきましたので、今回はその事を書いていきたいと思います。

むくみの勘違い
今日もお客様と話をしていて、「足が太ってきたのでダイエットしたい」という話を聞きました。

 

足が太っている人達へ

前回のお客様が言っていた「私は昔から足が太っているのよ」と言っていたのですが、なかなか足を痩せることが方はもしかすると、栄養不足によるむくみが原因の場合もあるようです。

主な症状は全身倦怠感の他に食欲不振が発生し、やがて足がしびれることやむくみが目立つようになります。その他、動機、息切れも起きるようになります。症状が進めば手足の力が入りにくくなり、さらに重症化すれば心不全に至ることもあります。その場合は命に関る状態になります。

その病名は脚気(かっけ)!!脚気の症状は、ビタミンB1欠乏することで全身倦怠感など 様々な異常が引き起こされます。食べ物をあまり食べないのにも関わらず、痩せれない人は 栄養不足の可能性があります。

 

何度も書きますが、カロリー過多の栄養不足の可能性です。これはインスタント食品などや大量のブドウ糖摂取(人工甘味料などの甘くする添加物)などの食生活によるものだそうです 。

4.png

この本にはイオン飲料、 スポーツ飲料を飲みすぎると、大量のブドウ糖を代謝させるために、ビタミンB1を消費させるようです。毎日のようにこれを飲み続けると、ビタミンB1などのミネラルが不足し、現代型の栄養失調になり、脚気(かっけ)になってしまうということです。

 

ついでに減塩についてちょっと

salt.png

ついでにこのグラフがちょうど、血液のナトリウム量が書いているので 書いておくと、血液中のナトリウム濃度というのは増えすぎると高血圧になってしまいます。減塩という言葉を聞いたことありますか?

 

減塩はむやみやたらに塩を減らすのではなく、本来人工的に作られた塩(精製塩)は人工的に精製された塩なので、ナトリウム濃度が高く (ほとんどナトリウム)これを食べすぎると血液のナトリウム濃度が上がります。これで高血圧になる…とおもいきや、

  • 食塩感受性の遺伝子を持つ日本人は20%
  • 塩分の影響を受けにくい食塩非感受性の人は50%
  • 塩分と他の要因が組み合わさることで血圧に影響を受ける人が30%

 

血圧を上げる原因とされる 「塩分」ですが、塩分を控えすぎると体を冷やす一因となるのです。塩分には「体を温める作用」があります。高血圧だからと塩分を控えすぎることによって、新陳代謝を悪くし、返って血圧を上げる場合もあります。

 

私たちの体の中を流れる血液中の赤血球には、ナトリウムとカリウムが常に1:5の割合で保たれています。塩は人間が生きていく上で必要不可欠で、代替のできない元素なのです。

こんな情報もあります。減塩で体温を下げてしまうというのも考えられるのであれば、無理な減塩は代謝を落とし、ダイエットにも影響してきますね。何ごともバランスです。

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそより

*2:OS-1とポカリスエットの違いより

*3:かわいいフリー素材集いらすとやより