更年期障害は食べ物にあり

健康

今日は天気が良くいつもより気温が高いような気がしますね。気分もよくて外出したくなります。

まあ仕事ですがね。そんな仕事をしてる時、あまり当たったことがなかったお客様にあたり、お話しすることができました。話を聞いているとどうやら、更年期で悩んでいるようでした。女性の方はみんな1回は通る道なんでしょう。

 

とくに気になったのが車に乗ると 頭ばかり汗をかくそうです。今でも晴れていると車は暑い時ありますよね.でも尋常じゃないほどらしいです。

更年期障害

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のこと であり、自律神経失調症の一つです。更年期を迎える時期になると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されている女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。

(中略)

更年期症状には、個人差があり、更年期を迎えてもほとんど気にならないほどの症状の人もいれば、日常生活も満足にできない症状の人もいます。

 

この差は、若いころに行なった無理なダイエットや不規則な生活・食事によってホルモンバランスが乱れていることが原因の一つであると考えられます。

ホルモンバランスによる乱れが原因という更年期障害。どうすするべきか ホルモンバランスということは、髪にも影響が来る ということです。これは女性の方なら危機と思いますよね。なので美容室である当店は考えました。

 

更年期障害の対策

kounenki_woman.png

自律神経が関係しているならば、当店は得意分野です。自律神経とは 交感神経・副交感神経。これがキーワードです。もう一つは ホルモンということが1つです。

 

自律神経を整える

自律神経の乱れ
*1みなさん夜眠れないことはありますか無駄な事を色々考えて寝れないこと僕もよくあります

 

自律神経とは以前から出てますので、こちら↑をご覧になってくださいね。この自律神経を整えるには現代人には(特に日本人)リラックスすることが大事です。簡単にリラックスと言っても難しいですよね?できたらやってるわと思われるでしょう。

 

ところが簡単な方法があります。それは 睡眠の質を上げる事です。睡眠は最高のリラックス状態です。詳しくは以下の記事に書きました※疲労と書いてますが、自律神経を整える意味では同じなので参考にして下さい。

疲労に関しての本を読んだ
*1お客様の中で疲労が溜まっている方が多いですむしろ日本人は大半がそうなんですけどね
疲労を回復させるには
*1前回の続きです

 

ホルモンの対策

food_eiyou3_tanpakushitsu.png

*3

ホルモンの関して言えば栄養で補うことができます。

疲労を回復させるには
*1前回の続きです

 

この記事を見ていただけたらわかる通り、現代日本人はたんぱく質不足です。その分糖質を摂りすぎています。なので“糖質を減らして、たんぱく質を増やす”。これだけで、 ホルモンは整えやすいです。

 

それはなぜか?ホルモンはたんぱく質が材料だからです。そして多すぎる糖質はホルモンを作るたんぱく質を邪魔します。糖質が多すぎると、たんぱく質をいくら取ろうと効率が悪く、ホルモンが作られにくいです。

 

なのでバランスが崩れているホルモンの総量を増やしながら、邪魔する糖質を減らすと元気になれます。元気の意味でもたんぱく質は「ドーパミン」の材料でもあります。ドーパミンはよく聞くと思いますが、気持ちを前向きにしてくれる神経伝達物質です。

 

これもたんぱく質でできているため、更年期によるウツも対策になります。いいことづくめでしょう?この二つをすると、更年期対策は大丈夫でしょう。更年期が重傷でお悩みの方は当店の施術でもなんとかなるものもあります。一度ご相談してみてはどうでしょうか?

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそより

*2:かわいいフリー素材いらすとやより

*3:かわいいフリー素材いらすとやより

コメント