人間関係がうまくいかない人

健康

以前から読んでいる内海聡さん という方の本を読んでいるのですが、僕がここ数年で色々勉強させてもらってほぼカルチャーショック状態を受けてたのですが、復習してるかのようにほぼ同じことを言っていてこれまたびっくりしました。

 

僕は親が約30年美容室をしていてその経営を引き継ぐ最中なのですが、長い間来てくださっている方が病気で亡くなってしまったり、足を悪くして家から出るのが厳しくなってる方や車やバイクの運転ができなくなって美容室に来れない方をたくさん見てきました。

 

それこそ精神的に病んでしまい、長い間来ていないなという方などたくさん見てきました。それだけじゃないです女性だというのに 髪の毛が薄くなってきて、自信を無くされている方、髪の悩みを抱えている方も数多くいます。

 

このまま同じことをやっていていいのかな?ちょっと疑問に思っているところにハーブマジックという商品に出会い、同じような考えを している人が多くいることにびっくりしました。この事を書いてたら本題に入れませんね(笑)。

 

実践すれば、来てくれているお客様のなにか役に立つのではないかと思い、意味の分からないことも何か役立つのではないかよ思い、ちょこっとですが調べてみると面白い物がありました。

 


人相科学 パーソノロジー

内海聡先生は量子力学を使って、この動画の方とは 違うことをしていると思うのですが この動画の方は間の顔によって性格から色々 わかることが多くあるということを言ってます。

 

パーソノロジー(人相科学)

顔.png

パーソノロジーとは?

パーソノロジーとは顔を見ただけで人の性格がわかるという、人相を脳科学と統計学を合わせて診断する学問のこと。人間は脳をどう使うかで顔の形が変わる。

 

どう考えるかでおでこが変わり、どう感じるかで目・耳が変わり、どう行動するかで鼻・口が変わる。

統計学・脳科学で顔を見るだけで、ある程度の性格やストレスを見ることができるそうです。

 

●ストレスの第一段階(生気のない目/どんより疲れた目)
ストレス目1.png
何か思いがけないことがあって、自分のやりたいことが出来なくなると、ストレスになります。そうなると、目の輝きは失われ、生気のなく凝視するようになるか、どんより疲れた目になります。
●ストレスの第二段階(片方の目が上がる)
ストレス目2.png
しかし、心の中で疑問を持ちつつ、表面を取り繕って形だけ従っていくうちに、ストレスがどんどん蓄積されてきます。
そうなると、筋肉に影響が出てきます。右半身と左半身は、それぞれ父親と母親の遺伝子と関係している為、誰しも微妙な左右差があります
そこで、 より繊細な側の目の筋肉が影響を受け、片方の目が上がり始めます。
●ストレスの第三段階(両目とも三白眼)
ストレス目3.png
ここまで来ると、もう片側の目も上に上がり、両目とも三白眼になります。このことで、遠近感は戻るのですが、未解決のまま長期間つづいている問題の為に、いつも上の空で何かに囚われている状態 になります。
今起きていることを逃し続け、過去や未来のことばかりを考え、葛藤を解消することができません。自分の思い込みワールドで周りを決めつけてしまうため、空回りし、極端な場合は犯罪に走ってしまうことすらあります。

ちなみに元気な人は赤ちゃんのような目をしてるそうです。

元気な人.png

このような顔の人とコミュニケーションをとる時は、話を聞けない状態にあるので、そのストレスの事を 聞いてあげるように耳を傾けてあげることが 大切だそうです。一部ですが、 人間関係がうまくいかない人は、こういうことを意識するのも1つの手かもしれないですね。

*1:フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそより

*2:かわいいフリー素材集いらすとやより

コメント