免疫学の安保徹先生急死

陰謀

以前から健康に関して本で勉強するようになって、安保徹という名前をよく目にするようになりました。世界的にも免疫学で有名な先生らしく、その先生が突然亡くなってしまったようでした。

安保徹先生って?

figure_presentation.png

安保 徹

(あぼ とおる、1947年-2016年12月6日) 日本の医学者。新潟大学院歯学部総合研究所名誉教授(国際感染医学・免疫学・医動物学分野)日本自律神経病研究会( 日本自律神経学会 とは全く異なる団体)の終身名誉理事長とされる。

終身名誉理事長って普通の人は、なれるものじゃないですよね。やっぱりすごい人なんだと思います。そんなすごい人が亡くなったのなら、新聞やインターネットのニュース記事になっていてもおかしくないのですが、Googleで検索してみてください。

 

どこにも記事が出てきません。じゃあなぜ僕が知ったのか?他の一般の方々が記事にしてくれていたり 、YouTubeでたまたま検索してみたら突然死の動画がチラホラあったからです。

 

12月6日、安保徹日本自律神経病研究会名誉理事長のご逝去の訃報を受けて - 日本自律神経病研究会
「福田-安保理論」に基づく日本自律神経病研究会オフィシャルブログ

 

日本自律神経病研究会にも訃報の事が書かれていました。

円形脱毛症は自律神経の異常が原因に違いないと思って診療にあたっていた20年くらい前の事ですが、皮膚科の研究会で安保先生が講演されたのが、 初めての出合いでした。

ちょっと関係ないことですが、髪の事が書かれていたので引用しましたが本当に突然だったようです。

 

なんで突然死?

war_terrorist.png

かわいいフリー素材いらすとやより

その中で、この突然死の事を一般の方が書かれていたブログを 見て驚愕でしたお亡くなりになられた 安保徹先生ですが、過去の講演の中で、以下のように話されていたようです。

 

「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、わだす狙われてるんですわ。研究室は何度も荒らされてるしもし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいてらしたそうです。

え?狙われる?ただ免疫学の研究してた人が狙われる?

 

ー安保氏の過去の ”あぶない” 語録ー

● 極悪医療マフィアどもは医療利権をKEEPしたいのです。取り分け、癌利権を維持したいのです。その為には日本人を騙し続ける必要があるのです。その為に、歌舞伎俳優・市川海老蔵の妻でフリー アナウンサーの小林麻央や鳥越俊太郎を起用し、洗脳するのです! 小林麻央や鳥越俊太郎はクライシスアクターです!

 

● 医療マフィア利権大国日本は、法律や社会制度においても、それが維持されるようになっているのです。製薬会社は政治家の天下り先の一つです。製薬会社に多くの政治献金が流れています。

これをみると、けっこう過激な事も言ってたようですが、これを都合が悪いと思ったのでしょうか?これが不都合だったとしたら、この安保徹先生のおっしゃっていたことは、正しいことを教えてくれていたのかな?と思ってしまいます。

 

「”薬をやめる”と病気は治る」の著作や、「ワクチンなんて歴史的に効いたためしは殆どない」などの発言で知られる、安保徹新潟大学名誉教授(69)が12月6日に急死していたことが判明しました。

ワクチンも効いたためしがないと言っていたそうです。

https://www.sekibiyousitu1984.click/entry/inhuruenza12.html

 

以前に、髪のためには健康にならなくては結局は髪を生やしたり、ふんわりさせたりすることはできないので、健康について勉強しました。みたいな記事を書きました。

日本という国はね、皆さん・・・ 実は、ものすごく怖い国なんです。平和ボケしている国民がほとんどを占めている間は、この国が大きく変わることは、まず無いでしょう。

僕らが知らないだけで、日本にも ゴルゴ13のような人がもぐりこんでいるんでしょうか?でも今の時代、新聞やニュースにならないというのは、すごい疑問に感じてしまいますなんにせよ ご冥福をお祈りいたします。

 

*1:かわいいフリー素材いらすとやより

*2:かわいいフリー素材いらすとや

コメント