せっかくかけたパーマが早いうちにとれる原因と対策を紹介

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 不機嫌 ロングヘア
パーマが早い段階でとれるのは、誰でもおかしいと思いますよね?じつはかなり大きな原因があったんです。あまり有名ではない原因のため、ほとんどの人が美容室を変えてしまうか、再びパーマをかけてしまいます。それだとダメージがひどくなって、さらにとれるのが早い状況に…。正しい対策を紹介しますね。

パーマが早い段階でとれる原因は?

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 白黒写真 覗いている

まずパーマというのは基本的に、髪のキューティクルといわれる髪のバリアを無理やり開かせ、中に薬剤を浸透させます。

 

そして髪の構造を変えさせて、髪の形を変えてしまう施術。つまり髪に対して負担がかかっているため、なるべくパーマをかける回数を、減らす努力が必要です。

 

ところが今ではくせ毛のようなパーマが流行っているため、これパーマ?というくらい、少ししかパーマがかかっていません。

 

そしてパーマをかけた本人も、「パーマがとれるのが早いな…」なんてことがよくあります。

 

美容室に何度も相談しにくるお客様が多いのは、このとれる原因に気付いていないのもあるため、ここで原因を紹介しますね。

 

髪のダメージがひどくなるとすぐにパーマはとれる

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 ショックを受けた顔 背景がピンク

まずパーマがとれる原因のひとつは、髪のダメージが多すぎるのが挙げられます。痛みが出てしまうのは、基本的にキューティクルが剥がれてしまっているんです。

 

髪の盾として役立っているキューティクルですが、これが壊れると中の栄養や成分が流れ出てしまうため、パーマの成分も一緒に流出してしまいます。

 

とくにパーマをかけて1週間は、パーマが流れ出ないように、キューティクルの保護を考えたほうがいいでしょう。

 

しかしゆるいパーマだと、早くとれるという認識をしている人が多いため、普通のパーマよりも頻度が自然と多くなってしまいます。

 

なるべくパーマの持ちをよくする努力をしてくださいね。

 

パーマ後の1週間のうちに髪を引っぱりながらセット

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 外で髪を引っ張る サングラスをかけている

上記でも紹介したように、パーマというのは最初の1週間くらいで髪に浸透していきます。この1週間で変なクセをつけてしまうと、その形のままになってしまうんです。

 

もともとパーマのセットというのは、自分1人でするのは案外難しく、セットをするのに引っぱってしまいがち…。パーマがとれる大きな原因になってしまうわけです。

 

そこでパーマのセットの方法を担当した美容師さんにしっかり教えてもらって、1週間のうちは意識過剰なくらいでいいので、引っ張らないようにしてくださいね。

 

とくにくせ毛風にパーマのように、カールが大きいゆるいパーマをかけた人は、とくに要注意!

 

これが原因ならパーマがとれたのではなく、髪をまっすぐにセットしていたからと思っておきましょう。

 

保湿成分タップリのトリートメントを付けすぎ

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 3本のスプレー 匂いがついている

血球で生きていく限り、重力には誰でも逆らえません。上から下に行く力のことですから、パーマもこの影響をかなり受けています。

 

パーマというのはカールを出して、浮かせる効果もあるのですが、逆に重力があると下に落ちてまっすぐになってしまうんです。

 

この下に働く力を大きくさせてしまうのが重み!トリートメントなどで、髪に膜をつけると総量が増えてしまうため、この重みで下に落ちて髪がまっすぐになってしまうでしょう。

 

とくにしっとりと表記されたトリートメントは、保湿成分がタップリ入っており、水分が含まれてとれる原因にもなってしまいます。

 

しかし上記で紹介したダメージに面も気にする必要があるため、軽いヘアケア剤を選ぶのが、パーマが取れるのを回避する最善の方法でしょう。

 

パーマがすぐとれるのを防ぐ3つの対策を紹介

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 手を出して3本 背景が白い

パーマというのはキューティクルを無理やり開かせて、髪の内部に薬剤を浸透させる施術のこと!

 

これさえ頭に入れてしまえば、パーマがとれる対策が自然とわかってきますよ。その対策について、具体的に紹介しておきますね。

 

大きく分けて3種類のパーマの持ちをよくする対策があるので、毎日の習慣にしてしまえば、美容室に通う頻度も少なくて済むでしょう。

 

何度も言いますが、キューティクルを大事にすることだけを考えて、対策を守ってみてくださいね。

 

とにかく髪を労わる!シャンプーにもこだわりを!

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 緑の上にボトル 自然派のイメージ

髪を労わるというのは、細かくいえばキューティクルをケアするという意味です。とくにパーマがとれるのを防ぐためには、シャンプーを変える方法が手っ取り早いですね。

 

そもそもシャンプーとは汚れを落とすためのヘアケア剤。バリアの役割である皮脂を落としてしまうため、洗浄力の強いものは使わないほうが、パーマのもちがかなり変わってきます。

 

ちなみに洗浄力が強いシャンプーを見極めるには、成分表をチェックするのが1番!

 

「ラウレス硫酸・ラウリル硫酸・オレフィンスルホン酸Na」といった名前が入っていれば、洗浄力が強いと判断してもいいでしょう。

 

これが入っているのに髪がサラサラになるシャンプーには、シリコンがタップリ入っているため、これもあまりおすすめできません。

 

この成分はコーティング効果が高いすぎるため、次にパーマをかけた場合、薬剤が中に浸透しにくくなってしまいます。

 

美容師さんでもシリコンが付いた髪を落とすのは、かなり至難の業ですから、使うのをやめてくださいね。

 

ではどのようなシャンプーがいいのか?今話題のアミノ酸シャンプーを使うのが、わかりやすくておすすめですよ。

 

洗浄力が弱くて髪の保湿力もアップできるので、パーマがとれるのを防いでくれます。

 

洗浄成分を見てみると「ココイルグルタミン酸TEA」といったものが入っており、ココイル○○と覚えておきましょう

 

成分表を見るのが面倒なら、美容室でシャンプーを購入すれば、間違いありませんよ。

 

最初の1週間は髪を持ち上げながらセット

シャンプーだけでなく、セットの方法も正しくしないと、パーマがとれる可能性がアップしてしまいます。セットといっても簡単な方法ですから、挑戦してみる価値があるでしょう。

 

その方法とは髪を持ち上げながら髪を乾かすだけ!上記で紹介したように、髪を引っぱってしまうとすぐにパーマがとれるわけですから、引っぱらずに持ち上げてドライヤーの風をそこに当ててくださいね。

 

手の平の上にパーマをかけた髪をのせて、そこに風を当てるだけでOK!これで引っぱってパーマがとれる習慣がなくなるので、かなり持ちがよくなりますよ。

 

ちなみにパーマをかけて最初の1週間というのが、1番パーマがとれる期間です。その間は特に持ち上げて乾かすという意識を持って、注意して髪を乾かしてセットをしてみてくださいね。

 

トリートメント選びも慎重に!ゆるヘアなら尚更!

パーマ とれる 早い シャンプー 髪質 判断 頭皮をおさえている 髪が長い

パーマがとれるのを防ぐには、トリートメント選びもかなり重要になってきます。それは髪の重みが出てしまうから。

 

今流行のゆるいパーマだと、とくに重くなるトリートメントを使っていると、カールが出てくれません。

 

その原因は上記で紹介したので省きますが、とにかく軽いトリートメントを使ってくださいね。

 

専門用語のように聞こえてしまうでしょうが、ベタベタにならないものなら、とくに問題なくカールが出てくれます

 

トリートメントのパッケージなどを見てみて、「しっとり」と書かれたものではなく、サラサラと書かれているならおそらく軽くなるでしょう。

 

ムースなどの固まりにくいセット剤を選んでもいいですね。とにかく重くならないものを選んで、髪に付けていれば、パーマがとれる心配はありませんよ。

 

くせ毛パーマをかけたら軽めのヘアケア剤を!

とにかくパーマがとれるとストレスがたまっているなら、まずは使っているヘアケア剤をチェックしてみてください。

 

とくにトリートメントがベタベタで重くなってしまうタイプなら、重みでカールやウェーブが出てくれません。

 

これを変えるだけでも、パーマが出てくれるため、かなり手っ取り早い対策です。

 

それでもパーマがとれると感じるのなら、再びパーマをかけてもいいですが、期間を置いて美容室で相談してくださいね。

 

髪のダメージが大きいと、それだけでパーマがすぐにとれる原因となってしまいます。そしてシャンプーを洗浄力の弱いものに変えてしまいましょう。